離婚の仕方で女のあなたは幸せを掴めるTOP > 離婚訴訟・裁判についての知識 > 離婚訴訟・裁判の進め方

離婚訴訟・裁判の進め方

離婚の仕方
離婚を覚悟し、調停で話し合いを始めたけど折り合いがどうしてもつかない。

そんな場合は、離婚訴訟・裁判という形になるわけです。

離婚訴訟・裁判となった場合、いったいどのような流れで進むのでしょうか。

やはり、ある程度は流れを知っておいた方が良いですね。

一般的に離婚訴訟・裁判というのは次のような流れで進んでいきます。



  1. 裁判所への訴訟提起

  2. 離婚事由の立証

  3. 尋問

  4. 裁判所からの和解提示

  5. 裁判官が離婚の可否を判断する

  6. 判決内容に不服がある場合は控訴する



という流れで進んでいきます。

調停で話し合ってもどうしても折り合いがつかないとなると、管轄の裁判所に訴訟提起を行います。

訴訟が棄却されなければ、裁判が開始されていきます。

裁判が開始されると、離婚事由について立証が行われます。

その上で和解案が提示されるのですが、納得できない、どうしても不満という場合は弁護士による尋問が行われます。

弁護士の尋問が終わると、再度和解案が提示されます。

この時に、和解するのどうかを決めます。

この2度目の和解案に対しても納得できないとなった場合は、裁判所の判決、判断を受けることになります。

もし、裁判所の判決内容に不服がある場合は、2週間以内に控訴することができます。

簡単に説明してきましたが、離婚訴訟・裁判はこのような流れで進んでいきます。

ただ、和解まで長引けば長引くほど、裁判の期間は長くなるということですから、時間も取られ、費用もかさんでいきます。

そして、精神的な疲れも溜まっていきます。

しかし、離婚訴訟というのは、自分の、そして子どもの将来をも決めてしまうことですから、妥協して和解してしまうわけにはいきません

妥協して和解すれば、後々後悔することになりますから、時間や金銭面のことを含め、すべてをしっかりと考えてから、訴訟することが必要です。
 

離婚訴訟・裁判についての知識

離婚訴訟・裁判の進め方

離婚を覚悟し、調停で話し合いを始めたけど折り合いがどうしてもつかない。そんな場合は、離婚訴訟・裁判という形になるわけです。離婚訴訟・裁判となった場合、いったいどのよ...

離婚訴訟・裁判にかかる期間

離婚訴訟を起こし、裁判が結審するまでそんなに時間は掛からないだろうと思っている人も多いようです。あなたもそうじゃありませんか?果たして、そんな短期間で終わるものなの...

離婚訴訟・裁判のために必要な書類

いざ離婚訴訟・裁判に踏み切ろうとして、どうしようと思うのが離婚訴訟・裁判を起こすために必要な書類です。いったいどのような書類が必要なのでしょう。必要な書類は、次にあ...

離婚訴訟・裁判を起こすための訴状の書き方

離婚訴訟・裁判を起こすために訴状が必要なことはわかりました。でも・・・いったい訴状って何を書けばいいの?そんな人がほとんどのはずです。裁判なんて気軽...

離婚訴訟・裁判は棄却されることもある

離婚訴訟・裁判の訴状を裁判所に提出。これで離婚できる。ちょっと待ってください!離婚訴訟・裁判の訴状を提出したからといって、必ず受理されるわけではありません。...

離婚訴訟・裁判を起こすには必ず弁護士は必要なのか?

一般的なイメージとして、訴訟・裁判となれば弁護士に依頼するというイメージがあります。離婚訴訟・裁判を起こそうと思っているあなたも、もしかしたら弁護士に依頼しようかと迷ってい...

離婚訴訟・裁判で嘘をつくと言うことは?

何としても離婚訴訟・裁判で自分の立場を有利にして、より自分にとって良い和解案を引き出したい。これはあなたも、相手も同じに思っているはずです。そのために離婚訴訟・裁判...

離婚訴訟・裁判を欠席するデメリット

どうしても仕事の都合で、裁判当日を休めず欠席せざる負えない。そんな時はどうすれば良いのでしょうか?また、離婚訴訟・裁判をを欠席するとどうなるのでしょうか?ま...


 
コスメ使用層の低年齢化