主婦の疲れTOP > 疲れは主婦の身体に影響をおよぼす > 疲れが身体におよぼす影響とは?

疲れが身体におよぼす影響とは?

 
家事主婦の仕事には休日などありません。

疲れを溜めすぎると様々な影響を身体におよぼしてしまいます。

では、その疲れが身体におよぼす影響には、どんなことがあるのでしょうか?

筋肉の疲れ



疲れの初期症状として感じやすいのが、

・肩こり

・腰痛

・身体のダルさ


と言ったような筋肉の疲れから来る症状です。

主婦の仕事、家事はどうしても同じ姿勢をとり続けることが多いため、筋肉の緊張を持続させてしまい、それがコリの原因となってしまいます。

目の疲れ



最近では、インターネットの普及によって、仕事以外でもパソコンや携帯電話の画面を長時間見ていることが多いという人が増えています。

しかし、このパソコンや携帯電話の画面を長時間見ていると目がしょぼついてきたり、見えにくくなってくるという目の疲れを引き起こしてしまいます。

この目の疲れが慢性化した状態が「眼精疲労」と呼ばれるのですが、この「眼精疲労」は、頭痛やめまいの原因にもなるのです。

集中力の低下



疲れが溜まってしまうと、物事に対する注意力が散漫になります。

つまり、集中力が低下してしまうのです。

集中力の低下は、思わぬ失敗、ミスを引き起こすことが多いものです。

そして、その集中力の低下は気力をも奪ってしまい、作業効率をますます悪くしていくものです。

眠れなくなる



疲れが過度に溜まってしまうと、神経が高ぶり「眠りたいのに眠れない」という不眠を引き起こします。

そして、その「不眠」が、更に疲れを加速させる原因となり、ますます眠れなくなると言う悪循環を引き起こし、その状態が酷くなると「鬱病」を引き起こすこともあります。
 

疲れは主婦の身体に影響をおよぼす記事一覧

疲れが身体におよぼす影響とは?

主婦の仕事には休日などありません。疲れを溜めすぎると様々な影響を身体におよぼしてしまいます。では、その疲れが身体におよぼす影響には、どんなことがあるのでしょうか? ...


 
サーカス見たくて開設