疲れ・疲労は2種類

menu

疲れ・疲労を取る方法

仕事の疲れがなかなか取れない。疲労感が慢性化してしまっているビジネスマン。ハードなトレーニングで疲れが溜まりすぎてしまってパフォーマンスが低下。試合前に疲れを抜きたいと考えているアスリート。そんなあなたに疲れ・疲労を回復する方法をご紹介します。

疲れ・疲労を取る方法

疲れ・疲労の種類は2種類に分けられます

疲れ、疲労には大きく分けると「末梢性疲労」と「中枢性疲労」の2種類に分けられます。

末梢性疲労


筋肉など身体に対して疲れを感じる状態、つまり筋肉の疲労である「末梢性疲労」と呼ばれる疲れ。

この疲労は、肉体的に付加を掛けすぎた状態、キツい肉体労働をこなしたり、過度な運動をした場合などに起こる疲労で、一般的に疲れたと言うのが、この「末梢性疲労」です。

仕事で忙しく動き回ることが続いたり、また日常化すると、この「末梢性疲労」から回復せず、慢性疲労化してしまいます。

中枢性疲労


身体は疲れていないけれども、脳に疲労感を感じてしまうのが「中枢性疲労」です。

つまりストレス性の疲れです。

実は、最近多いのが、この「中枢性疲労」なのです。


パソコンでの仕事が増え、パソコンのモニターを長時間眺めていなければならない環境が増えてしまった為に、脳が疲れやすくなってしまい、「身体は疲れていないけど、脳が疲れている」という人が急激に増えているのです。








サーカス見たくて開設