精神疲労やストレスが疲れを引き起こす

精神疲労やストレスが疲れやすくする原因

日頃の疲れ、疲労は果たして肉体的なことだけが原因で起こるのでしょうか?

 

実は、疲れやすい、疲労が抜けないと言うのは、精神的なことからも起こるのです。

 

ストレスなどの精神的疲労が肉体的疲労を誘発する

 

 

ストレスがかかりすぎると、人間の身体は、そのストレスから身体を守ろうとします

 

その際に、ビタミンB群やビタミンCが消費されてしまうのです。

 

そして、エネルギーの代謝機能が上手く働かなくなり、乳酸も分解、処理が行われず、身体に溜まってしまうのです。

 

その結果、身体にだるさが現れ、疲れやすくなってしまうのです。

 

 

  • 仕事に追われていたり、大事な試験が目の前に迫っているというようなことで脳を酷使している
  • 職場や学校などでミスを起こしたりというような心配事がある

 

このような状況で頭を使い続けたり、興奮状態が続くと、脳みその働きが悪くなります。

 

そして、そんな状態で脳に発生した大量の活性酸素が神経系を傷つけていきます

 

これがストレスと言われる状態で、精神疲労や倦怠感の大きな原因と言われているのです。