疲れ・疲労に効く食べ物って何?

疲れ・疲労に効く食べ物って?

疲れ、疲労を取り除き回復してくれる栄養素には、どのようなものがあるのでしょうか?

 

そして、その栄養素は、どのような食べ物に含まれているのでしょうか?

 

ビタミン

 

疲れを回復するのに効果のある栄養素としては、ビタミンCとビタミンB1が良く知られています。

 

 

【ビタミンC】

 

ビタミンCは、新鮮な野菜・果物・緑茶・イモ類。グァバ・赤ピーマン・ブロッコリー・レモンなどに多く含まれています。

 

【ビタミンB1】

 

ビタミンB1は、うなぎ・豚肉・レバー・紅ザケ・たらこ・大豆・枝豆・玄米・全粒粉の小麦粉などに多く含まれています。

 

酵素・エンザイム

 

疲れにくくすると言うことは、健康を維持していくことと言えます。

 

健康であるためには、基礎代謝を上げ、新陳代謝を良くし、解毒などを効率よく進めていける身体が必要です。

 

このような働きをしているのが、酵素・エンザイムで、健康を維持していくのに欠かせない物質です。

 

人間の身体で働いている酵素は、3000種類以上存在すると言われています。

 

【酵素・エンザイム】

 

ビタミン、ミネラルなどの栄養素を分解して、吸収させる働きをしています。

 

コエンザイムQ10

 

酵素の活性のために補酵素を必要とするものもあります。

 

その補酵素が「コエンザイム」なのです。

 

【コエンザイムQ10】

 

コエンザイムQ10を摂取するには、イワシ・サバ・牛・豚肉・ほうれん草・ブロッコリーなどを食べるようにしましょう。

 

補酵素は、細胞が生きていくために必要なエネルギー源となる物質を作り出すのに不可欠です。

 

身体がエネルギーをつくるのを補助しているのが、コエンザイムQ10で、絶えず休みなく働いています。

 

コエンザイムQ10には、活性酸素を消去する働きや強い抗酸化作用があり、疲労を回復させ、肝細胞のエネルギー供給を高めてくれます

 

そのように重要な働きをしているコエンザイムQ10なのですが、残念なことに年齢が進につれて減少していきます。

 

その為、コエンザイムQ10は意識して摂取しないと、栄養は足りているけど、エネルギーを十分に作ることができないという状態になってしまうのです。

 

と言っても、コエンザイムQ10を食事だけで、必要な量を摂るのはなかなか難しいものです。

 

アミノ酸、ペプチド

 

アミノ酸の分子が数個~数十個つながっているアミノ酸の集合体がペプチドです。

 

そして、アミノ酸の分子が100個以上結合したものがタンパク質となのです。

 

アミノ酸やペプチドは、肉や魚などのたんぱく質に多く含まれていて、古くなった細胞の新陳代謝に使われる材料となります。

 

 

中でも、疲労を回復するのに高い効果を発揮するイミダペプチドは、渡り鳥の筋肉中に高濃度で含まれています

 

また、普段の食卓に並ぶ食材の中では、牛肉や豚肉よりも鶏の胸肉の方がイミダペプチドを豊富に含んでいます

 

クエン酸

 

クエン酸は、酢や梅干などに含まれている、疲労物質である乳酸が作られないように働き、疲労を防いでくれる成分です。

 

身体をアルカリ性に保ってくれて、血流が良くなるので、冷え症に効果があります。

 

にんにく

 

古来より、にんにくは万病を防ぐと言われ、薬用としても重宝してきました。

 

そんなにんにくの薬効の元が、実はにんにく特有の臭いを作り出している「アリシン」なのです。

 

アリシンは、コレステロールを抑制したり、抗酸化作用があり、疲労回復、風邪、アンチエイジングなど様々な効果を与えてくれます。

 

しかし、それだけ薬効が高いにんにくですが、どうしても特有の臭いのために敬遠しがちです。

 

そんな臭いを敬遠してしまう人でも、気軽ににんにく成分を摂取できるように、最近では黒酢や高麗人参など別の有効成分と組み合わせた疲労回復の為のサプリメントなどが開発されています。

 

セサミン

 

セサミンと言えばゴマ。

 

ゴマに含まれる希少な健康成分で、抗酸化作用があり体内に溜まった活性酸素を取り除いてくれます。

 

プラセンタ・胎盤エキス

 

プラセンタ、胎盤エキスは頑固な疲労を改善してくれ、不眠や肝機能改善、更年期障害などに効果を発揮してくれる栄養の宝庫と言われています。